ローレンス・フィッシュバーン

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
2023 映画レビュー

『ジョンウィック コンセクエンス』一気通貫レビュー④|報いを受ける時がきた

伝説の殺し屋は、決着に立ち上がる
アクション

『ジョン・ウィック パラベラム』一気通貫レビュー③|世界はお前を許さない

伝説の殺し屋は、復讐の果てに逃亡者となる
アクション

『ジョン・ウィック チャプター2』一気通貫レビュー②|追う者は追われる者へ

伝説の殺し屋 VS 世界中の殺し屋
ミステリ―

『ミスティック リバー』今更レビュー|殺しはリバーサイド 裏庭リバーサイド

クリント・イーストウッドがデニス・ルヘインの人気原作を映画化。少年時代の傷を抱える三人の男たちが、殺人事件で再会する。
クライム

『運び屋』考察とネタバレ|齢90歳、麻薬を運ぶより免許の返納を薦めたい

クリント・イーストウッドが実に10年ぶりに自らの監督作品に主演でカムバック。90歳で麻薬の運び屋となり、堕ちていく老人。
SF

『マトリックス レボリューションズ』一気レビュー③|不完全燃焼だぜ

ついに三部作の完結編。だがこの終わり方でみんな満足できたのか。その不完全燃焼感が、時を超えて続編に繋がったのかも。
SF

『マトリックス リローデッド』一気レビュー②|大量発生の不気味

エージェント・スミスが暴走し、仮想世界で繰り広げられるアクションは、更なる高みに到達する。難解な内容を耐え抜く価値はある。
SF

『マトリックス』一気レビュー①|その世界は本当に現実か

全てはここから始まった。SFアクションのハードルを一気に引き上げた伝説の一作。子供たちはみな、ネオのマネしてリンボーダンスしていた。
ミッション・インポッシブル

『ミッションインポッシブル3』一気通貫レビュー③

シリーズ第3弾にしてJ・J・エイブラムスを初めて監督に起用して大正解!「スパイ大作戦」のファンが待っていた面白味が詰まっている。人間的な弱さがあって、結婚するイーサンに新鮮味あり。ミッションインポッシブル3
MARVEL

『アントマン&ワスプ』MCU一気通貫レビュー20

重苦しく終わった『インフィニティウォー』に続くのは、気軽に楽しめるアントマンの第二作。主人公より強くて賢い、サイドキックのワスプがついに本格参戦。
ドラマ

『30年後の同窓会』考察とネタバレ|三羽のおっさんカモメの同期会だな

50歳のスタンド・バイ・ミーと言われれば、納得のやんちゃぶりと友情。バカをやる友人は大切だなあ。
スポンサーリンク