『ジョン・ウィック チャプター2』一気通貫レビュー②|追う者は追われる者へ

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

『ジョン・ウィック:チャプター2』
 John Wick: Chapter 2

伝説の殺し屋 VS 世界中の殺し屋

公開:2017 年  時間:122分  
製作国:アメリカ

スタッフ 
監督:       チャド・スタエルスキ
脚本:       デレク・コルスタット


キャスト
ジョン・ウィック:   キアヌ・リーブス
ヘレン(亡妻): ブリジット・モイナハン
<カモッラ>
サンティーノ・ダントニオ:

        リッカルド・スカマルチョ
アレス(護衛):     ルビー・ローズ
ジアナ(姉): クラウディア・ジェリーニ
カシアン(護衛):        コモン
<ホテル・コンチネンタルNY>
ウィンストン(支配人):

          イアン・マクシェーン
シャロン(フロント):ランス・レディック
<ホテル・コンチネンタル・ローマ>
ジュリアス(支配人):  フランコ・ネロ
ルシア(フロント):  ヨウマ・ジャキテ
ソムリエ: ピーター・セラフィノウィッツ
<裏社会>
バワリー・キング:

      ローレンス・フィッシュバーン
オーレリオ(車修理):ジョン・レグイザモ
アブラム・タラソフ:ピーター・ストーメア

勝手に評点:3.5
(一見の価値はあり)

(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

あらすじ

前作でニューヨークを舞台にロシアンマフィアを相手に繰り広げた壮絶な復讐劇から5日後。

平穏な生活を送りたいジョンは、イタリアンマフィアのサンティーノ(リッカルド・スカマルチョ)からの殺しの依頼を断るが、それにより自宅を爆破されてしまう。

ジョンはサンティーノへの復讐を開始するが、命の危険を感じたサンティーノに700万ドルもの懸賞金をかけられ、世界中の殺し屋から命を狙われる事態に巻き込まれる。

  

一気通貫レビュー(ネタバレあり)

公開時期としては一作目『ジョン・ウィック』から3年ほど経過しているが、前作ラストの5日後から始まる設定らしい。

ジョンが伝説の殺し屋と知らず、甥っ子のヨセフが盗んでしまった因縁の愛車は殺された父子に代わりアブラム・タラソフ(ピーター・ストーメア)が引き取っている。

アブラムはジョンの怖さを知っていたが、彼の報復攻撃を避けきれず。だが、愛車を奪還しにきたはずのジョンが、結局カンフーアクションの末にその愛車をボコボコにしてしまうのが笑。

こりゃ廃車だなと思ったら、旧知の修理屋オーレリオ(ジョン・レグイザモ)が再登場して修理を請け負い一件落着。ここまでが導入部分。いいテンポだ。

(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

そして今回の物語。かつて仕事で付き合いのあったイタリア系犯罪組織カモッラの幹部サンティーノ(リッカルド・スカマルチョ)が唐突にジョンの自宅訪問。

亡き父の跡を継ぎ、主席連合の座に就こうとする姉ジアナ(クラウディア・ジェリーニ)の殺しを依頼する。なんでも、ジョンとは<誓印>という念書を交わしており、拒絶はできない模様。

どうやら、「ホテル・コンチネンタルでは仕事をするな」と同様、「誓印は守れ」というのがこの世界の掟らしい

(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

そこから先は前回と同様、この裏社会から足を洗いたいのにそうはさせてくれない、天才殺し屋の悲劇と苦悩。

政略にまきこまれたジョンはサンティーノの依頼どおりに姉ジアナを殺さざるを得ず、彼女のボディガードである同業者カシアン(コモン)とも対決。このバトルはシビれる。

前回にはいなかった、ジョンと同等かそれ以上の腕前の殺し屋。ともに徹底したプロ意識。NYの地下鉄の車内や駅構内での対決は見応えがある。

前回のセールスポイントだった<ガンフー>アクションは更にレベルアップした感あり。銃弾の一発一発にアクションの意味がある。本当に撃たれているとしか思えない死屍累々のリアル。

(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

聖地であるホテル・コンチネンタルのオーナー、ウィンストン(イアン・マクシェーン)もコンシェルジュのシャロン(ランス・レディック)も、前作以上に存在感を増し、昔の仕事仲間たちも健在。

血で血を洗う殺し屋の世界の厳しさが本作の魅力。『キングスマン』みたいに、途中からおバカな乗りがエスカレートしていないところは、キアヌ・リーブスがその辺をよく分かっているからだろう。

John Wick: Chapter 2 (2017 Movie) Official Trailer – ‘Wick Goes Off’

サンティーノがジョンの首にかけた賞金は700万ドル。ストリートミュージシャンや謎の相撲レスラーなど、NYの町中のワルたちが、懸賞金目当てにジョンに次々と襲いかかるところは、大興奮。

これで追っ手がみんな同じ顔とブラックスーツなら、まるでエージェント・スミスだ、『マトリックス』だぜ。

などと妄想を膨らませていたら、四面楚歌のジョンに7発の弾丸と銃を渡してくれる、NYの地下に巣食う集団を率いるバワリー・キング役には、なんとモーフィアスでお馴染みローレンス・フィッシュバーン

くーっ、たまらん。『マトリックス』『ジョン・ウィック』が、このまま融合してしまうのか。

(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

サンティーノの手下の女暗殺者アレス(ルビー・ローズ)とは鏡張りの世界で対決。そして最後は掟を破ってホテル・コンチネンタルでサンティーノを殺してしまうジョン・ウィック。これでもう組織の庇護は受けられない。

「これで、もう君を守れない。1時間だけ猶予をあげよう」

追放されるジョンに、ウィンストンの言葉は冷たく聞こえるが、この1時間の温情が、次のドラマを生むことになる。