『君に届け』 考察とネタバレ:いつか君に届くだろうか、大きくなったこの気持ちが

スポンサーリンク

『君に届け』

三浦春馬の爽やかな笑顔に、男女を問わず多くの人々が魅了されたことだろう。心が温まる珠玉の一本。そして、<貞子>に負けない眼力の多部未華子の、ピュアで真っ直ぐな思いに思わず胸が熱くなる。

公開:2010 年  時間:128分  
製作国:日本

スタッフ
監督:熊澤尚人
原作:椎名軽穂
 (『別冊マーガレット』連載)

キャスト
黒沼爽子: 多部未華子
風早翔太: 三浦春馬
矢野あやね:夏菜
吉田千鶴: 蓮佛美沙子
真田龍:  佐々木大介
胡桃沢梅: 桐谷美玲
荒井一市: 井浦新

勝手に評点:4.0
(オススメ!)

(C)2010映画「君に届け」製作委員会 (C)椎名軽穂/集英社

あらすじ

見た目が暗く周りから「貞子」と呼ばれる黒沼爽子(多部未華子)は、クラスになじめないでいた。

しかし、その外見とは裏腹にけなげで純粋な彼女に、誰からも好かれるクラスの中心的存在の風早翔太(三浦春馬)はひそかに好意を抱いていた。

風早の言葉を励みに、爽子は徐々にほかのクラスメートたちと打ち解けるようになっていく。

レビュー(まずはネタバレなし)

食わず嫌いの反省

この作品は、そのうちに観ようとリストに入れていたのに、未見のまま三浦春馬さんの訃報を聞くことになってしまった。

改めて本作を観て、彼の男女を問わず人を惹きつける魅力と、役者としての才能を感じた。

本作以降も多方面で活躍し、今後年齢を重ねてどんな演技を見せてくれるか、楽しみな俳優の一人だった。ご冥福をお祈りしたい。


実は、本作は、昨今大量生産されているキラキラ青春映画のひとつかと思い、今まで観るのを敬遠していた。

だが、三浦春馬多部未華子の共演は、TVドラマの『僕のいた時間』『アイネクライネナハトムジーク』でとても好感を持っていたので、いつか最初の共演作を観なければと思っていた。

やはり、食わず嫌いはいけない。これは、浮わついたキラキラ青春ものとはまるで違う、地に足のついた、胸に刺さる学園青春ものだ。

人気コミックの映画化だけあって、原作の出来の良さが大きいのだろうが、熊澤尚人監督の才もある。

熊澤監督の作品は『ニライカナイからの手紙』・『虹の女神 Rainbow Song』・『おと・な・り』・『ごっこ』と鑑賞してきたが、正直あまり相性はよくない。

そのため不安もあったのだが、本作は、あまりじめじめとウェットでない内容と演出が、私には心地よかった。

レビュー(ここからネタバレ)

爽子の眼力と風早の笑顔

とにかく、配役が見事にハマっていた。
<貞子>と呼ばれる黒沼爽子。怖がられているとも、いじめを受けているともいえるが、およそ青春映画のヒロインとは思えない、このキャラ設定がユニークでよかった。

しかも、あの眼力と暗さ、生真面目さ。こんな役をナチュラルに演じつつ、最後に恋愛ストーリーに昇華させられる女優は、多部未華子しかいない。

クラスの席替えやラーメン屋の寄り道、お好み焼き屋で、泣きそうになるを我慢すると恐ろしい形相になる爽子の設定が、笑えるのに感動できる。

風早翔太の立ち位置も絶妙。明るく誰に対しても分け隔てなく接し、多くの人から好かれているイケメン男子だが、モテても女子に強気姿勢に出ることもなく、いいヤツすぎる

おまけに、あの爽やか笑顔。これは三浦春馬にしか、出せない、嫌味のなさだ。男からみても、惚れ惚れする。

スポンサーリンク

そしてステキな仲間たち

二人のよき理解者である吉田千鶴矢野あやねの存在が、映画に与える印象も強かったと思う。

二人ともクラスでは結構一目を置かれるキャラで、はじめは爽子の敵役だと思っていたが、堂々の友だち認定だったので、大きく安堵。

「友達ってね、気付いたらもうなってんの!」

蓮佛美沙子は地べたにあぐらをかいて座るような女子高生で、『転校生』の影響が残っているかのようだ。夏菜は、今よりも姉御キャラが強い?

野球部員の真田龍は、この仲良しメンバーとは若干距離があるが、なかなか朴訥ながらも頼もしい(青山ハル改め、佐々木大介)。

こういうヤツも周囲にいないと、ただの軟派な連中だけの学校になってしまうので、貴重な存在。土手で中華まんの袋もって、あやねを待っているのも好感。

荒井一市先生は、ちょっと井浦新の演技過剰な気はしたが、まあそういうキャラも必要かも。

先生のガサツなところが、爽子の生徒手帳紛失と再発見につながり、ラストの二人の再接近に一役買うわけだし。

胡桃沢梅は、いってみれば本作で唯一の憎まれキャラ。こういう役がいないとドラマとしては成り立たないわけで、そういう意味では重要。

私、可愛いでしょオーラをガンガンに発散する桐谷美玲が演じているあたりも面白い。

だが、さすがに彼女が演じているからという訳ではないだろうが、イジワル女ぶりはややマイルドで、わりとあっさり、善人に戻ってしまう。

(C)2010映画「君に届け」製作委員会 (C)椎名軽穂/集英社

いつまでも初々しい二人

三浦春馬多部未華子のカップルは、お互い好き同士なのに、いつも不器用でなかなか手も繋げない役柄が多く、じれったくも微笑ましい。

本作は初共演だが、『アイネクライネナハトムジーク』でも、その初々しさは変わっていない。

「あの時感じたこの気持ちが、いつか君に届くだろうか、大きくなったこの気持ちが」

爽子のキャラのおかげで当初予想とは全然違うストーリーだったが、こんなにも心が温まる、キラキラしない青春映画は掘り出しものだった。flumpoolの主題歌が胸に響く。

「やっと届いたよ!」

以上、お読みいただきありがとうございました。原作コミックもぜひ。