光石研

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
ドラマ

『夜明けのすべて』考察とネタバレ|誰かと救い合えるって素敵な事なんだ

瀬尾まいこの同名原作を上白石萌音と松村北斗(SixTONES)の共演で三宅唱監督が映画化。
SF

『20世紀少年』今更レビュー|第1章 終わりの始まり・第2章 最後の希望・最終章 ぼくらの旗

浦沢直樹のミリオンセラーの奇跡の実写映像化。賛否両論はあろうが、原作を絵コンテにしてキャスティングにこだわり、映画化した堤幸彦監督の意気込みや良し。
ドラマ

『波紋』考察とネタバレ|<絶望>で笑わせるのは難しい

荻上直子監督が筒井真理子を主演に迎え、次々と襲いかかる現代社会の不条理に翻弄され新興宗教にすがる中年女の悲哀を描く。
バイオレンス

『アウトレイジ/ビヨンド/最終章』北野武監督三部作・一気通貫レビュー

北野武監督の代名詞ともいえるバイオレンス三部作、『アウトレイジ』『アウトレイジ ビヨンド』『アウトレイジ 最終章』を一気通貫レビュー。
ドラマ

『ぐるりのこと。』今更レビュー|法廷画家はおでんくんの顔を描くか?

橋口亮輔監督が描く、法廷画家の男と、子供を亡くして心を病んだ女の夫婦の絆の物語。
ドラマ

『共喰い』今更レビュー|関門海峡の向こうにも<北九州サーガ>があった

田中慎弥による芥川賞受賞原作を青山真治監督が映画化。菅田将暉の演技は早くも注目に値する。
ドラマ

『サッドヴァケイション』今更レビュー|青山真治監督・北九州サーガ③

青山真治監督が遺した、壮大な北九州サーガ三部作のラストを飾る一作。全てはここに繋がっていた。
ドラマ

『由宇子の天秤』考察とネタバレ|義理と人情をハカリにかけりゃ

正しさとは何なのか。瀧内久美が演じるドキュメンタリー監督が、自分自身に問いかける天秤の答え。
ドラマ

『Helpless』今更レビュー|青山真治監督・北九州サーガ①

早逝した青山真治監督が浅野忠信を初主演に抜擢して撮った、北九州サーガ三部作の第一作。
ドラマ

『EUREKA(ユリイカ)』今更レビュー|青山真治監督・北九州サーガ②

青山真治監督による北九州サーガ三部作の第二作。長尺・モノクロをものともしない、役所広司・宮崎あおい・宮崎将の圧巻の演技。
クライム

『陽気なギャングが地球を回す』今更レビュー|ロマンはどこだ?ねえな

伊坂幸太郎原作の初の映画化だけあって、正直内容はハチャメチャだが、豪華キャストに惹かれる人なら楽しめるかも。
ドラマ

『ヒミズ』今更レビュー|何だってわかる、自分のこと以外なら

園子温監督がこれまでのエログロから路線変更し、古谷実の原作コミックに東日本大震災の要素を取り込んだ意欲作。
ドラマ

『浜の朝日の嘘つきどもと』考察とネタバレ|岩波ホールでさえ54年で閉館

100年続いた福島の映画館が、存続の危機に立っている。茂木莉子と名乗る突如現れた謎の女は、救世主なのか。
青春

『四月物語』/『ARITA』今更レビュー|岩井俊二監督初期作品集③

岩井俊二監督が松たか子を撮った『四月物語』、広末涼子を撮った短編『ARITA』の二作品レビュー。
ドラマ

『恋人たち』今更レビュー|橋口亮輔監督、それでも人は生きていくのか

橋口亮輔監督が放つ、悲痛なほどの人間ドラマ。<恋人たち>などという甘美な題名の裏にある魂の叫びを聞け。
スポンサーリンク