2020 映画レビュー

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
コメディ

『ドロステのはてで僕ら』今更レビュー|二分後の自分自身としりとりを

劇団「ヨーロッパ企画」の映画第1弾。テレビ画面の向こうには、二分後の俺がいる。
アニメ

『竜とそばかすの姫』細田守作品一気通貫レビュー|スタジオ地図のミライ⑥

細田守監督が大好きな『美女と野獣』を、インターネット全盛の現代社会で再解釈。その意欲は買うが。
ドラマ

『パブリック 図書館の奇跡』考察とネタバレ|シンシナティの図書館戦争

エミリオ・エステベスが監督・主演を務めた、公共図書館の静かなる民主主義の闘い
コメディ

『脳天パラダイス』考察とネタバレ|もう癖になってしまったかもしれない

何の感動も与えないが、これは常習者を生みだしそうなヤバさ。脳がとろけていきそうな恍惚感。
ドラマ

『37セカンズ』考察とネタバレ|好きな人に抱かれる日が私にも来ますか

脳性麻痺で手足が不自由な主人公女性が、悩みながらも大人の女性として成長していく姿を描くHIKARIの初監督作品。
バイオレンス

『ゴッドファーザー最終章マイケル・コルレオーネの最期』一気レビュー③

フランシス・フォード・コッポラ監督が『ゴッドファーザーPARTⅢ』を30年目に再編集
PIXER

『2分の1の魔法』今更レビュー|なぜ1/2で登場するのは父さんの下半身なのさ

傑作『リメンバー・ミー』以来久々のピクサーオリジナルアニメだった本作だが、なかなか微妙な内容。
ドラマ

『コロンバス』考察とネタバレ|非対称でありながらバランスを保っている

小津安二郎にオマージュを捧げたコゴナダ監督のデビュー作。愛すべきモダニズム建築の町コロンバス。
ドラマ

『れいこいるか』考察とネタバレ|人は悲しみながらも生きていく

阪神・淡路大震災から25年。大切な人が死んで、残された人はその先をどうやって生きていくのか。
ドラマ

『ミセスノイズィ』考察とネタバレ|汝の常識は隣人の非常識なり

一枚の布団から始まった、隣人同士の大バトル。非常識な騒音女と母親失格の作家、非常識なのはどちらだ。
ドラマ

『ミッドナイトスワン』考察とネタバレ|あるいは、真夜中のゲイボーイ

草彅剛演じるトランスジェンダーの主人公と、バレエの才能に恵まれながら育児放棄で屈折した少女との疑似母子の物語。
恋愛

『ばるぼら』考察とネタバレ|新宿は時代の原動力だけど薄汚れた町だった

父・手塚治虫の問題作を、手塚眞監督が撮影にクリストファー・ドイルを迎えて映像化。稲垣吾郎と二階堂ふみの原作キャラ再現力に注目。
アクション

イップマン『序章・葉問・継承・マスターZ・完結』全作一気レビュー

10年かけて完結したイップ・マンシリーズの『序章』『葉問』『継承』『イップマン外伝マスターZ』『完結』の全5作一気通貫レビュー!
サスペンス

『鵞鳥湖の夜』考察とネタバレ|盗んだバイクで走りだす<がちょう湖の夜>

がちょう湖って読みにくいけど、名前ほど能天気な映画ではなく、中国ノワールのハードボイルドなメロドラマ。新しい中国を描くけど、どこか懐かしい。
伝記・歴史

『マーティンエデン』考察とネタバレ|米国文学でロンドンなのにナポリとは

ジャック・ロンドンの原作をナポリ舞台にアレンジ。労働者階級の船員から、文学と教養に目覚めて猛勉強する主人公が、富と名声とともに失ったものは。
スポンサーリンク