『沈まない三つの家』/『お兄チャンは戦場に行った!?』今更レビュー:中野量太監督作品2連発

スポンサーリンク

『沈まない三つの家』 

公開:2013 年  時間:69分  
製作国:日本

スタッフ 
監督:  中野量太

キャスト
神田家: 松原菜野花、椎名琴音、橋本拓也、久藤今日子
相模家: 中村朝佳、泉光典、大沢まりを、山田奈々子 
最上家: 木村知貴、田中えみ

勝手に評点:3.0
(一見の価値はあり)

ⓒ 2013 kohakuiro cinema / 手島昭一

あらすじ

川に落ちた我が子を釣り上げようとする女とその夫、離婚する両親のどちらと住むのか選択を迫られ苦悩する姉妹、ある目的のために病気で死に行く叔父を見舞い続ける少女とその母。

川は昨日へと流す、悲しみも喜びも…大きな川が流れる街に住む三つの家族の物語。

今更レビュー(ネタバレあります)

大きな川のある町の群像劇

中野量太監督による群像劇であり、当然のことながら、普通に平和に暮らす家族はひとつもなく、みんな重たいものを抱えながら頑張って生きている。

初めに大きな川で遊ぶ男の子が、母親が目を離した隙に川に落ちてしまう。そこから始まる三つの家族の話はそれぞれ独立しているが、川沿いの同じ町の中で少しだけ交錯する。

まずは神田家

離婚することになる両親のどちらと暮すか、選択を迫られる姉妹。優しい姉(椎名琴音)は看護師長の母を選ぶが、妹(松原菜野花)には、バランスなど考えずに自分の幸福を考えて選ぶよう諭す。

両親の愛情を試すようにコンビニで万引きし捕まる妹を、しかし両親とも仕事都合で迎えにこない。店長(木村知貴)が善人で救われる思いだ。

中野作品のミューズ・松原菜野花は、本作では『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』のような吃音少女を演じるが、こちらも好演。

姉の椎名琴音は、岩井俊二結成の音楽ユニット<ヘクとパスカル>のボーカルの女性だった。女優だったのか。あの<風が吹いている>の透明感のある歌声が、彼女のものだったとは、本作とは関係ないけど感動。

スポンサーリンク

次は相模家

冒頭、わがままな娘(中村朝佳)を夜に迎えに出た父が交通事故死。その重荷を背負った彼女は、余命わずかで闘病中の叔父(泉光典)を病院に熱心に訪ねる。

姪っ子のスカートの中に手を入れる太ももフェチの叔父のカットにはドキリとする。

子供の頃のように、死んだ兄と釣りをするんだと橋から身を投げてしまう叔父。彼は、<天国でお父さんに、ごめんなさいと伝えてほしい>という姪っ子の真意に気づいていた。

叔父の骨壺を便器でまたぐらに挟んで泣く彼女の絵面に、感動しつつも衝撃。あのトイレで床に流れる水はどう解釈したらいいのだろう。まさか小水ではあるまいに。

彼女に万引きを強要していた親友(成澤優子)絡みの挿話で、コンビニ店長が再登場。

また、川では、冒頭で少年を見失った母親が、息子を釣りあげようと糸を垂れている。橋の上では、離婚後にも定期的に再会する神田家の母娘の姿。こうして話は交錯する。

最後は、最上家

冒頭に息子を見失った最上家に戻る。お気づきのとおり、三つの家族はみんな河川の名前にちなんでいる。万引き強要の親友名も鶴見さんという徹底ぶりだ。

そして、釣り糸を垂れ続ける妻(田中えみ)のもとに近寄る夫はなんとコンビニ店長。「もういいんじゃないかな」

だが、最後に釣り竿に獲物が引っかかる。それは何だろう。母に釣りあげてもらい、やっと成仏できた男の子が、現れたのだろうか。

不思議と、希望の見えるラストであった。どんな家庭にも浮き沈みはある。だが、そう簡単には沈まない。そういう話に思えた。

『お兄チャンは戦場に行った!?』 

公開:2013 年  時間:29分  
製作国:日本

スタッフ 
監督:   中野量太

キャスト
お兄チャン: 内村遥
妹:     小宮一葉

勝手に評点:2.5
(悪くはないけど)

ⓒ 2013 kohakuiro cinema / 手島昭一

あらすじ

4年間引きこもっていた兄は、戦場カメラマンになるという夢を見つけて部屋を出た。そして、都会で女優を目指している妹に会いに行く。妹だけが持っている幸運の御守りをもらいに!

今更レビュー(ネタバレあり)

お兄チャンが頼りないのは王道パターン

こちらは30分の短編であるが、『沈まない三つの家』と同じ舞台ではないかと思われる、大きな川と橋が登場。

4年間引きこもりだったお兄チャン(内村遥)が、一人暮らしの妹(小宮一葉)を突如訪ねてきては、自分がやるべきことがやっとみつかったという。それは戦場カメラマン

バカらしい話ではあるが、兄妹のかけあいは微笑ましく、妹のインスタントラーメンを褒め称える兄にも笑える。

中野量太監督の描く家族にしては、比較的平和なことに意外性を感じる。何をやっても中途半端でダメな兄貴は、車寅次郎に通ずる邦画の王道パターンといえる。

いい味を出していた主演の二人は、今泉力哉監督の『こっぴどい猫』でも共演。というか、この作品には、二人のほかにも『沈まない三つの家』のコンビニ店長(木村知貴)と入院の叔父(泉光典)も出演しているのだ。

監督が違うのに、こんなに出演者が被るのは、監督の交友関係なのか、事務所が一緒なのか、よく分からないが。

なお、本作の内村遥がその後に日曜劇場『陸王』、中野監督の同年公開『チチを撮りに』の滝藤賢一が日曜劇場『半沢直樹』で、いずれも池井戸原作のドラマで知名度を上げている

スポンサーリンク

お兄チャンはお守りをもらった

さて、この話の骨格となるのは、戦場で流れ弾にあたらないように、古式ゆかしく、女性の〇〇の毛をお守り代わりに頂戴という話。

このネタで映画を引っ張るのも凄いが、画面いっぱいに神々しく縮れた毛が映し出されるシーンも珍しい。「母さんには即刻断られ、婆ちゃんのは効き目が弱そうで」は笑えた。

駅前の証明写真ボックスの映画的な活用法では、かの名作『アメリ』『都会のアリス』に続く作品かもしれない。

さて、結局お兄チャンはお守り持って、戦場に行ったのか!?