小林薫

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
恋愛

『夏の終り』今更レビュー|言わせないで、憐憫よ

瀬戸内寂聴が自らの恋愛経験を綴った原作を熊切和嘉監督が映画化。満島ひかりならではの世界観。
時代劇

映画『首』考察とネタバレ|これは、令和の<風雲!たけし城>か

北野武監督が長年の構想の末に完成させた、本能寺の変の新解釈映画。豪華キャストによる緊張感漲る演技がさすが。
時代劇

『仕掛人藤枝梅安2』考察とネタバレ|ラスボス登場で二作目は興奮度アップ

池波正太郎生誕100年で戻ってきたぞ仕掛人・藤枝梅安。今度の相手は佐藤浩市か椎名桔平か。
バイオレンス

『悲しい色やねん』今更レビュー|そこは「色やね」にしときや

森田芳光監督にしては珍しい、大阪舞台のヤクザ映画だが、はたして出来栄えはいかに。
時代劇

『仕掛人 藤枝梅安』考察とネタバレ|池波先生、梅安が令和に帰ってました

池波正太郎生誕100年で戻ってきたぞ仕掛人・藤枝梅安。まずは二部作の第一作。演じるは豊川悦司。
SF

『Arc アーク』考察とネタバレ|人生が苦行ならば不老不死もつらい

ケン・リュウの傑作SF短編を石川慶監督が映画化。芳根京子が17歳から100歳過ぎまでの女性を演じる不老不死の物語。
コメディ

『そろばんずく』今更レビュー|限定Blu-rayBOXにも入れてくれよ~

とんねるずの映画初主演作は、森田芳光監督が良くも悪くもふざけまくった最大の異色コメディ。
恋愛

『それから』今更レビュー|花一輪、ふたつの鉢には盛れません

森田芳光監督が松田優作と再タッグを組み、夏目漱石原作に挑んだ文芸ロマンス。藤谷美和子が輝く。
ドラマ

『舟を編む』今更レビュー|それはチョベリグなアイデアですね。用例採集!

三浦しをんの本屋大賞原作を石井裕也監督が忠実に映画化。なんといっても愚直でとぼけた演技の松田龍平に尽きる。
ドラマ

『冬薔薇』考察とネタバレ|冬のいばら道を這い上がってこい、伊藤健太郎

阪本順治監督が、伊藤健太郎のためにあて書きした脚本で臨む、不器用な男たちの物語。
コメディ

映画『お葬式』今更レビュー|伊丹十三監督、低迷する邦画界に降臨す

日本映画界の復活にこの人あり。伊丹十三監督のデビュー作は、喪主を務めた実体験に基づくもの。
ドラマ

『海炭市叙景』今更レビュー|佐藤泰志原作の函館映画シリーズ①

佐藤泰志の原作映画化の歴史はここから始まった。函館を舞台にした架空の町・海炭市で人々が織りなすドラマを、熊切和嘉監督が切れ味よく描き出す。
スリラー

『黒い家』考察とネタバレ|今観ても十分怖い森田芳光の傑作ホラー

貴志祐介の原作を森田芳光が味付けした保険金をめぐるサイコホラーの傑作。大竹しのぶの怪演で、今観ても十分怖い。盤上ならぬボウリング場の向日葵。内野聖陽若い!
スポンサーリンク