『惡の華』 考察とネタバレ:クソムシにも五分の魂

スポンサーリンク

『惡の華』

型破りな青春変態映画!クラスの女子に弱みを握られ奴隷になる伊藤健太郎が、アブノーマルに覚醒する。彼を心身ともに支配するメガネ娘の玉城ティナが想定外のキレっぷり。ボードレールも驚きの作品に仕上がった。

公開:2019年  時間:127分  
製作国:日本

スタッフ 
監督:     井口昇
原作:     押見修造「惡の華」

キャスト
春日高男:  伊藤健太郎
仲村佐和:  玉城ティナ
佐伯奈々子: 秋田汐梨
常磐文:   飯豊まりえ

勝手に評点:3.0
(一見の価値はあり)

(C)押見修造/講談社 (C)2019映画「惡の華」製作委員会

あらすじ

山に囲まれた地方都市。中学2年生の春日高男(伊藤健太郎)は、ボードレールの詩集「惡の華」を心の拠り所に、息苦しい日常をやり過ごしていた。

ある日、憧れのクラスメイト・佐伯奈々子(秋田汐梨)の体操着を衝動的に盗んだところをクラスの問題児・仲村佐和(玉城ティナ)に目撃されてしまった彼は、秘密にする代わりに仲村からある<契約>を持ちかけられる。

この日から仲村に支配されるようになった春日は、彼女の変態的な要求に翻弄されるうちに絶望を知り、自らのアイデンティティを崩壊させていく。

やがて「惡の華」への憧れにも似た魅力を仲村に感じ始めた頃、二人は夏祭りの夜に大事件を起こしてしまう。

(C)押見修造/講談社 (C)2019映画「惡の華」製作委員会

レビュー雑記(ネタバレあり)

型破りだ。青春変態映画といえば、普通はヘタレ男子とバカな悪友が主人公だろう? 

本作は主演こそ男子だが、予定調和を超越した存在の仲村さんのみならず、憧れの優等生・佐伯さんもまた、ある意味ド変態なのである。

ボードレールの「惡の華」を愛読する、生意気な高校生・春日が憧れの佐伯さんの体操着上下を出来心で盗んでしまい、それを超ドS女の仲村さんにみつかってしまい、変態として隷属する羽目になる前半。

とにかく、仲村さんがすごい。ファム・ファタールという言葉では言い尽くせず、常にキレまくってるキャラで、玉城ティナ渾身の演技。『チワワちゃん』の彼女がまったく思い出せないほどの濃いキャラなのだ。

伊藤健太郎のヘタレキャラは、このイケメンにこんな役までやらせるのかよって、『土竜の唄』の生田斗真なみの驚きをもって健闘ぶりを称えたいが、残念ながら、インパクトでは玉城にくわれてしまっている。

夏祭りにマスクのカップルが金属バットで殴りこみ、やぐらを占拠し自ら灯油を浴びて自殺願望。

山に囲まれて未来のないクソムシだらけの、この町におさらばしたい。向こう側に行きたい二人。冒頭のシーンで、ライターを擦る仲村さんの姿はここにつながるのだ。

一方の佐伯さんも、ただの優等生キャラかと思ったら、途中から嫉妬に燃えるビッチに豹変する。相思相愛だったはずの春日が、いつしか隷属させられている仲村に惹かれるようになっていたからだ。

教室の黒板にブルマー盗難の真犯人の変態を自白させられ、翌朝教室に行くときの緊張と高揚で、彼は変態のレベルを上げていく。ここはドキドキする。

春日が転校したあとに出会う常磐文(飯豊まりえ)は小説家志望のフツウの女子高生。銚子の食堂に働く仲村さんを訪ね、浜辺や海の中で乱闘する三人の絵姿が、妙に爽やかである。

変態仲間から、脱落させてやるか。」

常磐さんが登場してからの展開は、やや失速気味であり、普通の青春ものに戻ってしまった感は否めず。

とはいえ、このテンションで映画を完成させてしまう井口昇監督と、『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』等独自の作風の漫画家押見修造のタッグは良かった。

男はみな変態であり、仲村さんに痛めつけられたい。そんなM系な快感に襲われる作品。ぜひ、原作も。