『アイアンマン』 MCU一気通貫レビューvol.01:すべては、なぜかこの男から始まった

スポンサーリンク

『アイアンマン』 Iron Man

マーベルMCUレビュー。全ては、なぜかこの男から始まった。本作を皮切りに、何十本という作品と、数え切れないアメコミ・ヒーローたちが一つの物語を編んでいくことを、誰が想像していたか。

公開:2008 年  時間:126分  
製作国:アメリカ

スタッフ 
監督:       ジョン・ファヴロー

キャスト 
トニー・スターク/アイアンマン:
        ロバート・ダウニーJr.
ジェームズ・ローズ:テレンス・ハワード
ペッパー・ポッツ:
        グウィネス・パルトロー
フィル・コールソン:クラーク・グレッグ
インセン:      ショーン・トーブ
オバディア/ アイアンモンガー:
          ジェフ・ブリッジス
ラザ:       ファラン・タヒール

勝手に評点:3.5 
(一見の価値はあり)

(C) 2008 MVLFFLLC. TM & (C) 2008 Marvel Entertainment. All Rights Reserved.

あらすじ

巨大軍事企業の社長トニー・スタークはアフガニスタンでテロ組織に捕われ、新兵器の開発を強制されるが、敵の目を盗んで戦闘用パワードスーツを開発し、敵地から脱出。さらに改良を加えたパワードスーツを装着し、アイアンマンとなってテロ撲滅のため戦うことを決意する。

一気通貫レビュー(ネタバレあり)

全てはなぜかここから始まった

初めに本作を観た時には、まさかこれが偉大なるサーガの幕開けになろうとは思わなかった。そもそも、一般人のレベルでは、公開当時このアイアンマンというヒーローの知名度は、そう高くなかったのではないか。

ハルクやキャプテンに比べれば、マーベルの中でも二軍選手とは言わないまでも、クリーンアップを打つ選手ではない。その彼が、アベンジャーズの主力に抜擢され、シリーズを牽引するのだから、世の中面白いものだ。

本作のユニークな点は、何といってもトニー・スタークの人物像の型破りな点だ。

当時鳴かず飛ばずだったロバート・ダウニー・Jr.の破天荒な生きザマと重なっているようで、このキャスティングがなければ、MCUの企画自体、早々にポシャっていたかもしれない。

超裕福な家で父の死後に大企業の経営を引き継ぎ、頭脳明晰、容姿端麗、高級スポーツカーを乗り回し、平和のために戦闘用スーツを装着して悪と戦う。

こう書くと、同年代に公開されていた『バットマン』ブルース・ウェインの設定と酷似している。もっとも、ブルースはプレイボーイになりすました時を除けば基本ストイックな男だが、トニーは快楽主義で見境いなく女に手を出す。

その点では鼻持ちならないキャラだが、もしもトニーがストイックだと、後々スティーブ・ロジャース(キャプテン・アメリカ)とキャラが被ってしまうので、これは正解。

頑張っている点と残念な点

本作は第1作ゆえか、負傷したトニーの胸にアーク・リアクターを埋め込み、アイアンマンの原型であるマーク1を開発し、最終的にはアイアンマンを作って各種機能を調整したりと、その開発工程を丁寧に説明している。ここは好感。

ただ初見の当時は、アイアンマンの造形はあまりカッコいいとは思えなかった(今は随分見慣れたが)。マーク1のことではなく、アイアンマンの造形である。なんとなく身のこなしも、ペプシマンのようだ(昔そういうCMキャラがいました)。

そうは言っても、夜空の初飛行では気分の高揚はあったし、徐々に戦い方が熟達していくのは楽しい。

そして、本作が映画としての緊張感を持続できているのは、ヴィランとしてひとり気を吐くオバディア・ステイン(アイアンモンガー)のおかげだと思う。ジェフ・ブリッジス最高。

テン・リングスを率いるラザ(ファラン・タヒール)が瞬殺されてしまったので、実質オバディアの孤軍奮闘だ。よく2時間を持たせてくれた。

だが、本来盛り上がりそうな主人公との対決は、いまいち精彩を書く。能力や風貌の似た者同士の戦いは、映画的に盛り上がらないのが常。

氷結対策の有無で上空で勝負が決まるのもやや難ありだし、最後にアイアンモンガーを仕留めるのもペッパーの手柄なのである。

(C) 2008 MVLFFLLC. TM & (C) 2008 Marvel Entertainment. All Rights Reserved.

私がアイアンマンだ。

本作は記念すべきMCUの一発目ということで、今後に向け各種ネタが仕込んであるのも嬉しい。

ペッパー(グウィネス・パルトロー)とトニーとの、まだ淡い男女関係。ローディー(テレンス・ハワード)とトニーの友情。コールソン(クラーク・グレッグ)が目立たない活躍のあとでS.H.I.E.L.D.を名乗るところ。

特にテレンス・ハワードは今後、配役が代わってしまうので、目に焼き付けておかないと。

運転手ハッピーホーガン(ジョン・ファヴロー、監督です)の登場や、J.A.R.V.I.S.の声(ポール・ベタニー)もいい感じ。

ラストの記者会見でコールソンの用意したメモを読むのをやめ、「私がアイアンマンだ」の決め台詞をいうトニー。

アドリブだったというあの台詞こそが、クラーク・ケントやモロボシ・ダンはじめ、歴代ヒーローが不文律として守り続けた<けして正体を明かさない>というお約束に訣別し、次代のヒーローとなった瞬間だ(70年代の日本では既に、「私がデンセンマンです」というヒーローがいた。)

でも、みんな忘れてるかもしれないけど、最大の功労者は、我が身を捨ててトニーを救ったインセン博士(ショーン・トーブ)だと思う。彼がいなければ、アイアンマンは生まれず、MCUだってスタートしなかったのだから。

(C) 2008 MVLFFLLC. TM & (C) 2008 Marvel Entertainment. All Rights Reserved.