『赤い風船』/『白い馬』 今更レビュー:ラモリス監督短編2連発

スポンサーリンク

『赤い風船』 Le Ballon Rouge

名作ファンタジーがデジタル復活。少年と風船、少年と馬、ともに言葉を交わさずとも分かり合える間柄。雨上がりのパリの石畳を子犬のようにじゃれる赤い風船の美しさと、南仏の湿原を少年と疾走する白い馬の力強さ。

公開:1956 年  時間:36分  
製作国:フランス

監督: アルベール・ラモリス
出演: パスカル・ラモリス

勝手に評点:4.0
(オススメ!)

(C)Copyright Films Montsouris 1956

あらすじ

街灯に赤い風船が引っ掛かっているのを見つけた少年パスカル(パスカル・ラモリス)は、そこから風船を取って大切に扱いはじめる。やがて風船はパスカルの行く先々に勝手についてくるようになるが、いたずらっ子たちの標的にされてしまう。

今更レビュー(ネタバレあり)

カンヌ国際映画祭パルムドールに輝いた名作ファンタジー。内容はまったく忘れていたが、小学校低学年の時に講堂で観た記憶がある。

『ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン』を観たついでに、そのオマージュを捧げた先である、本作も観たくなったのだが、何とも素晴らしい作品だった。

単純明快な話なのに、心が豊かになる。小さな子供たちにこそ、ぜひ観てほしい。

街灯にひっかかった赤い風船をとってあげた少年。そこから友情が芽生える。

バスに乗せてもらえず少年を追いかけたり、授業中は外で待っていたり、アパートの窓の外で静止したりと、風船の動きが子犬のようで実にかわいい。

少年と風船が踊るシーンには、ジーン・ケリーとモップのダンスを思い出した。

オリジナルでは、風船が透けないように二重構造にしたり、ニスを塗って風景を映り込ませたりと工夫があったようだが、デジタル化した際に、風船の赤が少し強調されすぎたのではないか。

オリジナルと見比べないと分からないが、やや赤だけがビビッドすぎるシーンが目立った。

とはいえ、パリの高台の街並みや狭い路地、雨に濡れた石畳、通り抜ける汽車の蒸気

何気ないようだが計算して切り取られたであろう、このシーンの中に揺れる赤い風船の、抑制された品のある美しさは実に見事だ。

[ad]

この、遠くに寺院のみえる印象的な風景の舞台メニルモンタンは、かつての労働者地区は今や若者の集まるお洒落な町だとか。

少年が狭い路地を駆け抜けるたびに、差し込む陽光が照らす風船の赤の美しさ。そして、幼い少女のもつ青い風船とのじゃれ合いも楽しい。

殆どサイレント映画なのだが、ごくわずかにセリフもある。それも大して意味のあるセリフではないので、どうせなら無声にして子供の歓声だけでもいいくらいだ。

悪ガキどもに囲まれて風船がパチンコ攻撃を受けるシーンにはハラハラさせられる。

パチンコ玉を食らったら破裂するものと思い込んでいると、徐々にしぼんでいき、最後に踏みつけられる。この意外なはぐらかしはうまい。

そして、街中の色とりどりの風船が集まってくるところは、まるで『101匹ワンちゃん』のような高揚感。やっぱり、風船は私の目には子犬に見えるようだ。

アルベール・ラモリス監督。ヘリコプター空撮の達人でもあり、本作でもその才能が発揮されている。

その後、ヘリの事故で亡くなってしまうのだが、今回デジタル化された二本は、不朽のファンタジーとして、長く人々の心に残るだろう。

『白い馬』 Crin-Blanc

公開:1953 年  時間:40分  
製作国:フランス

監督: アルベール・ラモリス
出演: アラン・エメリー

勝手に評点:3.5
(一見の価値はあり)

(C)Copyright Films Montsouris 1953

あらすじ

南フランスはカマルグの荒地に、野生馬が群れをなしていた。牧童たちは群れのリーダーである白い馬を捕獲しようと躍起になるが、なかなか上手くいかない。

そんな中、同じく白い馬に魅せられた漁師の少年フォルコ(アラン・エメリー)は、牧童たちから馬を守ろうと奮闘する。

やがて馬もフォルコに心を許し、ともに牧童たちの追跡から逃れようとする。

今更レビュー(ネタバレあり)

1953年のカンヌ国際映画祭で短編グランプリを受賞のモノクロ作品。『赤い風船』が少年と風船との友情なら、こちらは白馬と少年の友情だ。

牧童たちも手を焼く荒馬だが、優しくしてくれる少年とは心が通じ合う。風船同様、馬にもセリフなどないが、見つめ合う表情だけで心情が理解できる。

50年代に動物映画のノウハウがどこまであったのかしらないが、馬の動きはとても自然だし、群れのリーダーの座をめぐって馬同士で争ったり、牧童から逃げる際に後ろ脚で蹴り上げるサマは、とてもリアルで躍動感がある。


そして少年は漁師なのに、乗馬のうまさに目をみはる。牧童が三人がかりでも追いつかないほどだ。

それにしても、馬とは関係ないが、この少年は顔立ちが整っているなあ。おまけに、ピチピチのシャツに着こなしがカッコよい

さすがおフランスのファッションだ。現代でも全然通用するというか、むしろ今よりハイセンスだ。

[ad]

けなげに馬の世話を手伝う幼い弟は、パスカル・ラモリスとあるので、『赤い風船』の少年なのだろう。気づかなかったけど。

南仏のカマルグ地方は湿地帯で、白い馬の放牧で有名なところだとか。勉強になった。映画にあったような川や海の浅瀬を、牧童が白馬を走らせるのだろうか。

「馬はお前にやるから、戻ってこい!」
そう叫ぶ牧童たちも、悪い人ではないのだが、少年と馬は、ひたすら逃げ走り、ついには海へと到達してしまう。

モノクロ映画でも馬の白さはよく分かったが、ケガをしたときの傷跡の血や、草原の緑、いぶりだす炎、そしてしぶきのあがる水の色などを想像すると、カラーでも見たかった気がする。

『赤い風船』のあの美しい色合いを思うと、なおさらに。